金子半之助の歴史
金子半之助

浅草生まれの金子半之助は誰よりも下町を愛し、日本の文化は食にあり、と誰よりも和食を愛しつづけました。また、和食界の重鎮であり「人と食」とは切っても切れない文化と常に言いつづけました。
その金子半之助の孫にあたる金子真也が幼き頃に祖父より頂いた閻魔帳(レシピ帳)。 その中には、門外不出の『秘伝の江戸前の丼たれ』の作り方があり、この秘伝の 丼たれに合うタネ(材料)との試行錯誤を重ね、ようやく1杯の天丼が完成しました。




ご紹介





江戸前天丼

江戸前天丼



毎朝築地で仕入れる新鮮な穴子、海老、烏賊、半熟玉子を豪快に盛り付けた、見た目にもボリューム満点な『江戸前天丼』。 粋で豪快で手頃な天丼という半之助の想いを再現。 高温で揚げた天ぷら、秘伝の丼たれ、ご飯の三位一体の絶妙なバランスを楽しめる逸品。







天ぷらめし



カウンターで揚げたての天ぷらとご飯を楽しんで頂く『天ぷらめし専門店』。

ご飯を最後まで、飽きずに召し上がって頂くため天ぷらのネタを厳選するのはもちろん、天つゆ、漬物、味噌汁にまでこだわりました。




てんぷらめし





店舗のご紹介